FAX046−234−8641
平成19年11月12日
 
株式会社ジャックス リーガルサービス 御中
 
(ご担当 菊  地 様)
 
                    ●●◎◎代理人
弁 護 士  前  田  尚  一
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234 FAX261-6241
 
 ご照会の申立人●●◎◎殿に対する御社の債権(債権者一覧表中の債権者番号5)につきましては,同申立人の貸付金債務及び立替金債務(債権番号1,2,4,5)については,他の債権者の再生債権と同様の取扱いとなることは言うまでもありませんが,同申立人の連帯保証債務(債権番号3)については,次のとおりの取り扱いを実施する予定です。
 
@ 上記連帯保証債務についても,申立人が個人再生手続開始を申立てた趣旨に照らし,再生債権に対する権利の変更については,他の再生債権と同率の免除を受けた金額とする(具体的には,80%の免除をうける。)。
 
A 弁済方法については,連帯保証債務の通常の履行態様を踏まえ(「連帯」保証債務といっても,債権者は,主たる債務者が支払を滞らない限り,連帯保証人の支払を受ける利益がない。),主たる債務者が支払を滞った場合,御社からその旨の通知があったときは,その通知到達日の属する月の末日に,他の再生債権に対すると同様の弁済方法が取られた場合にその月までに支払うべき合計額(ただし,主たる債務者の当該延滞額残額が同合計額より少ない金額である場合は,その金額)を一時に支払い,上記支払額が主たる債務者の当該延滞額残額になお満たない場合は,翌月から上記弁済方法に従い分割にて支払いを実施する(具体的には,権利の変更を受けた金額の残額について,毎月末日限り,2.78%を分割支払いする。)。
 
 
 以上のとおりですが,外出しがちであることに加え,内容的にも電話で即答するのは難しいと思われますので,法律上のご意見などがございましたら,FAXにてご連絡頂けるようお願い致します。