弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク


*弁 護 士 の 仕 事*


  次に列挙する業務内容は,日本弁護士連合会(略称「日弁連」)が弁護士の広告規制との関係で定めたもの(「取り扱う業務に関する取り扱い要綱」:平成2年6月1日事務総長)ですが,一応網羅的に業務内容が挙げられており,一般的に“弁護士という人々が何をしてくれるのか”をある程度示せる内容になっていますので,ここで紹介しておきます。(注)
民事 不動産 借地借家 建築紛争 債権債務 債権回収 手形小切手
少額事件 損害賠償 交通事故 医療事故 公害 消費者問題 サラ金被害
保全事件 仮差押仮処分
商事 会社 企業法務 会社設立 金融 運送 海事 航空
会社整理 倒産 倒産整理 会社再建 破産 和議 会社更生
家事 親族 相続 離婚 遺言 遺産分割
刑事 刑事弁護 少年事件
行政 行政不服 行政手続 行政訴訟 税務 税金問題
労働 労使問題 労働災害
無体財産 知的所有権 知的財産 特許 実用新案 商標 意匠 著作権
工業所有権 独占禁止 不正競争防止
渉外 国際取引 国籍 出入国問題
契約 契約書作成 契約交渉
 弁護士の業務広告については,日弁連会則とこれを受けた規程,規則などによって,広告事項と広告媒体ごとに極めて詳細かつ広範囲の規制がされている。そして,規制の範囲内で広告する場合にも,取扱業務については,例示的に列挙された上記業務分類から選ぶものとされている(ただし,「専門」としては表示できない。)。なお,アメリカでは,1977年に,最高裁判所が弁護士の広告の自由を認め,弁護士広告に制限はない(アメリカのCM)。


(注)本稿は,弁護士の業務広告が原則禁止とされ,ごく制限的に広告を許容されていた時期に書いたものです。現在は,原則自由としたうえで,例外的に規制する制度になっています。
 
関連情報
◎ 弁護士の業務広告関連規定の改正について(日本弁護士連合会)
                      http://www.nichibenren.or.jp/koukoku/index.htm
◎ 専門分野分けのリスト(電話帳による)Attorneys (弁護士)のカテゴリー(フロリダ州の場合)
                      http://www.fl-news.com/98-10/k1.html



戻る←   →次へ

 MENU 前田尚一法律事務所
 事務所概要 (信条・方針)
 取扱業務  弁護士費用
 過去の取扱事件(実例集)
 講 演 会  
 法律相談  顧問弁護士
 執筆 TV出演等

現在、メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので、あしからず。
理由はこちら


法律相談
をご希望の方はこちらをどうぞ


顧問弁護士
に関心のある方はこちらをどうぞ


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)