弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク


弁護士の愉(たの)しみ
 
弁護士の本音を知る方法
 
 
 
 弁護士の仕事」・・・連想ゲームの出題です。「裁判」,「刑事事件」,「離婚」,「相続」,「自己破産」,「医療過誤」といったところで大方が占められてしまうかもしれません。

 ところがさにあらず。弁護士の職域はもっともっと広いのです。不動産取引はもとより,都市再開発,知的所有権(特許・商標・・・),M&A,株式上場,PL,独禁法,個人の財産管理,企業の蘇生,労使関係・・・。札幌弁護士のキャッチフレーズである『暮らしと事業の身近なコンサルタント』という表現は正鵠(せいこく)を得ているところです。

 そして,私の『愉しみ』は,広い領域の中での『人との出会い』です。多種多様な職種の人と会い,「先生,実はね・・・。」等と,業界の仕組み業界固有の慣行等々をおうかがいするとわくわくしてしまいます。“一枚の土地”、“取り纏(まと)め”、“養生”、“現寸(げんすん)検査”、“野縁(のぶち)”、“マル保”、“マル営”、“COM”、“睨み(にらみ)融資”、“担保見合い”、“カガミ”、“巻く”、“B勘”等々,その業種の人であれば当たり前の業界用語・俗語の類を教えていただき,何故そのような用語類ができたかを考えながら,『またひとつ利口になったな!!』という毎日です。

 このような中で法的観点をとりあえず捨象(しゃしょう)して,事態を観察するとき,別の切り口を見つけることさえあります。
 そのようなとき,弁護士の仕事は,依頼者(クライアント)との協働作業であると実感します。
 そして,弁護士の活動範囲はまさに『世の中の縮図』です。

弁護士は『法律』ができて当たり前,まだ勉強しなければならない
 
 最後は自戒の弁で終わらせていただきます。
 
(初出:北海道新聞 平成5年3月29日朝刊)

戻る←   →次へ

現在、メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので、あしからず。
理由はこちら


法律相談

をご希望の方はこちらをどうぞ


顧問弁護士

に関心のある方はこちらをどうぞ


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)