弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク


民事裁判の仕組み
 
“権利のための闘争”に勝つ方法
 
 
 
 裁判の仕組みは難しいように見えます。確かに細かい手続は面倒ですが,基本となる理屈自体は至極単純です。
 ただ,文章での説明は無味乾燥になりますので,別に機会があれば,ご説明致したいと思います。とりあえず,この第11話は飛ばして次にお進み下さい。

     ****************************

【事例検討】:双方証拠がない場合の勝敗如何???

 甲は,乙に,平成8年12月14日,平成9年12月14日に返すという約束で100万円を貸したとして,その返済を求める裁判を起こした。
 甲、乙は次のように争ったが,争いのある部分については真偽が不明のまま結審してしまった。

 1 乙は,「借りたことはない。」と反論。
 2 乙は,「甲の言うとおり,100万円を受け取ったが,借りたものではなく,甲の仕事を手伝った報酬金である。」と反論。
 3 乙は,「甲の言うとおり,100万円を借りたが,返済をした。」と反論。
 4 乙は,「甲の言うとおり,100万円を借りたが,返済をした。」と反論。
 これに対し,甲は,「乙の言うとおり,100万円を受け取ったが,別の売掛代金分として受け取ったものであり,貸金の返済ではない。」と再反論。
 5 乙は,「甲の言うとおり,100万円を借りたが,甲の仕事を手伝った報酬金100万円と相殺する。」と反論。 │


 ●A と B と の 会 話

A:「お前,2万円払えよ。」                              請求の趣旨
B:「お前に払う筋合いはない。」                           答   弁
A:「去年の年末に先月末までに返す約束で2万円貸しただろう。」       請求原因
B:「カネなんか借りてないよ。」                            否   認
A:「あの日,お前泣きながら二万円貸してくれ,と言っただろう,これがそのときの借用書だ。」                                         立   証
B:「思い出した。返しただろう。」                            抗   弁
 「ほら領収書もあるぞ。」                              立   証



【理解を深めるために】

(1) 裁判で勝つためには,法律の効果(権利の発生・障害・阻止・消滅)によって利益を受ける側が,その法律の要件を主張立証しなければならない(「主張責任」、「立証責任」)。
そして,その要件(「要件事実」)は,法律の各条文に規定されている,とされている(「法律要件分類説」)。

* 主 張=言い分
* 立 証=裏付け(「証拠」)

(2) 相手方の主張に対する認否
 ア 「認める。」
 イ 「否認する。」
 ウ 「不知。」,「知らない。」

(3) 当事者の主張
   請求原因(原告)→抗弁(被告)→再抗弁(原告)→再々抗弁(被告)・・・・・・

戻る←   →次へ

現在、メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので、あしからず。
理由はこちら


法律相談をご希望の方
こちらからどうぞ。


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)