弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク


 
 
 
 最近,『法律問題』が身近になってきた。
 HIV訴訟,オーム裁判といった大事件だけではなく,カード地獄,自己破産,離婚,相続,立退き等々,新聞やテレビを賑わし,また時には知人が巻き込まれていたりで,いやでも,いろいろな『法律問題』が耳に入ってくる。
 ところが,これだけ身近な話題になっていても,大多数の方々は,自分が『法律問題』に関わるなどとは考えていない。しかし,『法律問題』は,貴方の都合も聞かず,ある日突然やってくる。
 真面目(まじめ)が取り柄の新人ホテルマンのA君。勤務先のホテル会社とともに,
200万円を支払え!!
という裁判を起こされた・・・・・・。
 今回は,新人ホテルマンA君,そして経営者であるホテル会社に,突然やってきた『法律問題』についてお話しすることにしよう。
 
**********************
 
 舞台は,あるシティホテル。ホテルのロビーで彼女と待ち合わせをしていたB氏。彼女に待たされ,はや1時間。イライラしながらふと横を見ると,ルイヴィトンのバッグが置いたまま。B氏は,早速,フロントにバッグを届けに行った。
 担当は,今年入社のホテルマンA君。B氏の目の前でバッグを開けてみた。何と,中には札束が20束,2000万円もの大金が入っていたのである。A君,これは大変とB氏からバッグを預かり,とりあえず備え付けの金庫に入れておいた。ちょうど彼女がきたこともあり,B氏は名刺を置いて帰って行った。
  数分後,うら若き女性が血相を変えてフロントに現われた。A君に向かって,「2000万円入ったバッグをなくしてしまったんです。」と今にも泣かんばかり。A君は,念のため「どんなバッグですか。」と質問。女性は,「ルイヴィトンのバッグなんです。」。どうやら女性はバッグの落とし主に間違いない。
 落とし主本人に返すのであれば,何も問題はないハズ。A君は,2000万円入りのバッグをその女性に返した。女性は,本当に喜び,何度も頭を下げて帰って行った(もちろん,A君は,仕事に忠実な男であるから,これを機会に彼女の電話番号を聴いておき,デートに誘おうなどとは考えもしない。)。
 A君は仕事冥利(みょうり)に尽き,女性は喜び,
 メデタシメデタシ,ハッピーエンド
と幕を閉じるかにみえた・・・・・・
が,し・か・し・・・・・・
                    To be continued
続きは,最終話《解決編》にて!!)


戻る←   →次へ

現在,メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので,あしからず。
理由はこちら


法律相談をご希望の方
こちらからどうぞ。


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)