弁護士 前田尚一法律事務所札幌

TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク
をご希望の方こちらからどうぞ。
 
弁護士テレビ出演 
のりゆき
のトークDE北海道

(uhb北海道文化放送:フジテレビ系)
出演分
                            平成17年4月14日現在
 【番  外】
 TVドラマ出演(撮影風景)
フジテレビ系全各局)
 刑事責任については,刑法に信書開封罪(133条)が定められているが,「封をしてある信書」を対象とする犯罪で,携帯電話の中のメールを見るような場合はあたらない。

 しかし,だからといって,まったく法的責任を負う余地がないということにはならない。プライバシーの権利を侵害するものとして不法行為(民法709条)にあたり,民事上の責任を問われる可能性はある。
 プライバシーの権利は,正面から定めた法律の規定はないが,「私生活をみだりに公開されない法的保障ないし権利」であり,人格権の一部として,判例で認められた権利である。

 ただ,「法は家庭に立ち入らない」という精神も重要であり,夫婦間の問題を一般の私人間における場合と全く同じに扱うことはでない。生活の具体的状況,貞操義務との関係等を考慮しながら,ケースバイケースで考えていく必要がある。実際,夫の携帯電話の中のメールや発着履歴から浮気が発覚することがしばしばあるようで離婚訴訟などに発展した場合,無断で携帯電話を見たからといって,直ちに証拠にならなくなるというわけでもない。



(ご参考まで)
◎刑法
(信書開封)
第133条 正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
◎民法
(不法行為による損害賠償)
第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は,これによって生じた損害を賠償する責任を負担する。

 
 MENU 前田尚一法律事務所
 事務所概要 (信条・方針)
 取扱業務  弁護士費用
 過去の取扱事件(実例集)
 講 演 会  
 法律相談  顧問弁護士
 執筆 TV出演等


法律相談

をご希望の方はこちらをどうぞ


顧問弁護士

に関心のある方はこちらをどうぞ


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ) 


企業の法律問題



個人の法律問題


毎日新聞への連載
(22回分)



法律雑記帳



MENU 前田尚一法律事務所

 事務所概要 (信条・方針)  取 扱 業 務  講 演 会
 過去の取扱事件(実例集)   法 律 情 報
 法 律 相 談            顧問弁護士
 執筆・出版, TV・ドラマ出演等
 新 聞 連 載

個人の法律問題  企業の法律問題

サイト マップ(04/09/27)