弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク
中傷損害賠償慰藉料


◆奥様、陰口はほどほどに
 
出典:毎日新聞 平成10年12年月30日朝刊
La Femme〜ラ・ファム〜連載
原題:「中傷・・・・慰藉料もらえる?」
 
  
 私は、PTA役員をしています。PTA会長と親しい役員たちが、私が「不倫」をしていると触れ回っているらしいのです。私が役員会で会長に反対したことが逆恨みされたようです。
 裁判所で慰謝料請求を認めてもらうことができるのでしょうか。
(主婦・42歳)
*********************
 
 陰口・噂は、当の本人には深刻な問題です。しかし、証拠を集めるのはなかなか容易でなく、仮に、賠償を認められたとしても、意外に低額となるのが実情です。

 参考になる事例として、毎日新聞が1984年8月25日付夕刊の社会面トップ記事で扱った仙台地裁の判決があります。A子さんについて、近所の主婦3人が「Aさんが帰った後、衣類がなくなった」、「警察に盗みの瞬間を写真に撮られ、嫌疑をかけられている。」等々誹謗中傷した、という事案でした。女性の声でA子さんの勤務先に誹謗中傷の電話があったりし、Aさん一家は、持ち家を処分し転居することまで考えたというのです。
 陰口を聞いた人が証言し、主婦ら3名も事実をおおむね認め、裁判所は、「町内の単なるお茶飲み話の域を超え」てるとして、主婦3人に各20万円ずつの支払を命じました。

 “イジメ”は大きな社会問題ですが、仲間として付き合あわなければならない集団内で疎外されるのがイジメの特質です。アンデルセンの「みにくいアヒルの子」が陰湿に“いじめられたのは、ハクチョウではなく同じアヒルの兄弟と扱われていたからです。

 「泣き寝入りする」、「長いものに巻かれる」といった必要はまったくありませんが、強く権利を主張すると逆に問題を大きくしてしまう場合もあります。賠償、刑事告訴などを考える前に、あなたの強固な姿勢を示し、まず穏当な方法で無意味な中傷を止めさせる途を模索した方が得策でしょう。

 法的手段はさまざまです。内容証明郵便を送るなど、弁護士に相談し、あなたに合った方法を選択するのが良いでしょう。
 

戻る(の目次)←   →次へ社長,給料払って!!

損害賠償一般はこちらからどうぞ
現在、メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので、あしからず。

理由はこちら



法律相談をご希望の方
こちらからどうぞ。



このページの情報を知りたがっている
お友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)