弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク
請求書消滅時効
法律相談をお急ぎの方は,こちらから
011-261-6234

その他中小企業経営者がウッカリ陥りやすい罠の例はこちら
企業の法律問題はこちら


債権回収に関わる法律問題

請求書をずっと送り続けても
時効を止めることはできない

“請求書を出し続ければ、債権は時効にかからない”
という大ウソが横行している!!
 
出典:毎日新聞 平成12年6月29日朝刊
La Femme〜ラ・ファム〜連載
原題:「未払代金の時効対策は」
 
 私は、主人が経営する建設会社で、専務として経理を預かってます。
 建築代金を支払ってもらえないお客様も何件かあります。
 主人が、同業の先輩に請求書さえ送っておけば時効にはかからないとアドバイスを受け、私が、毎月毎月請求書を送り続けています。時効対策として十分なのでしょうか。
 ********************

 時間が経過することによって、自分の権利がなくなってしまうという制度を消滅時効といいます。要するに、月日が流れると世の中も変わり、権利を持っていても、いつまでも放っておく人を許さない、という制度です。
 反面、民法は、「請求」等、時効がまだ完成していないうちに時効の進行を断ち切り、始めに戻してしまう方法も定めています(「時効の中断」といいます。)。

 しかし、この「請求」というのは、裁判を起こす(「裁判上の請求」)等所定の法的手段をとることを意味し、請求書を送ることは含まれません
 つまり、ただただ請求書を送り続けても、本件のような請負代金ですと、支払期日から3年経過したときに、相手が時効を主張する(「援用」といいます。)と権利は消滅してしまうことになってしまいます。

 もっとも、時効が完成する前に請求書を送り届けるそのときから6か月時効期間は延長されことだけは認めています。
 ただ、この期間内に裁判を起こすなど所定の法的手続をとらなければ、延長の効果は認められません。請求書を送ることは、民法上は「催告」と呼ばれ、「請求」とは区別されています。
 また、この延長は1回限りの特典であり、再延長、再々延長は認められません。つまり、6か月毎に請求書を送りつづけても、延長の効果は認められないのです。

 さて、世間には“物知り”がいて、いろいろなことを教えてくれます。しかし、特に法的問題については、教えられた内容が誤っている場合も少なくありません。ご質問の中の先輩からのアドバイスもよく聞く誤解の一つです。

 時効という言葉は誰でも聞いたことがあるでしょうが、権利の性質によって時効期間が異なりますし、またどの時点から期間を計算すればよいか等々、理解するには専門的知識が必要です。

 一度、いわば自社の商品知識にプレミアムをつけるつもりで、業務にかかる権利の時効対策を専門家に相談しておくことをお勧めします。
当法律事務所での相談をご希望の方はこちらからどうぞ
011-261-6234
 中小企業経営者がウッカリ陥りやすい罠の例

企業法律問題 

債権回収に関わる法律問題

戻るの目次)  →次へ「民事再生法」適用できる


このページの情報を知りたがっている
お友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!


現在、メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので、あしからず。
理由はこちら



法律相談をご希望の方
こちらからどうぞ。

当法律事務所での相談をご希望の方はこちらからどうぞ
011-261-6234

顧問弁護士

に関心のある方はこちらをどうぞ


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)