弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク
損害賠償


命 よ り 大 事 な も の

データ消失・・・損害賠償請求は?



出典:毎日新聞 平成12年1月30日朝刊
La Femme〜ラ・ファム〜連載
原題:「データ消失・・・・損賠請求は?」 

   私は,ファイナンシャル・プランナーの資格を取り,毎日,ノートパソコンを片手に,クライアント(顧客)の間を走り回っています。
 必要な資料や顧客データはすべてノートパソコンに管理していました。
 ところが,車で移動中,信号無視の車に追突され,パソコンが壊れ,中のデータがすべて消失してしまいました。
 このデータ消失による損害賠償を請求することはできるでしょうか。
(ファイナンシャル・プランナー,35歳)
 ****************
 
 あなたにとって顧客データーの消失は死活問題でしょう。しかし,現実問題として,裁判所でその被害の大きさを証明できるかが問題となります。

 参考になるj事例として,毎日新聞1999年9月3日朝刊に掲載された神戸地裁の判決があります。
 定年退職後に農業をするため学んだデータをノートパソコンに保存していた男性が,パソコンを修理に出したところ,ハードディスクがなくなり,データーが消失したとして,家電量販店に損害賠償を求めたというケースでした。
 裁判所は,「データに経済的な価値があるとはいえないが,男性の並々ならぬ労力が投入されている」としてデータ消失の慰謝料は100万円と算出しましたが,「パソコン使用者はバックアップ用データも保存しておくべきだ」として過失相殺したうえ,60万円の支払いを命じました。

 ハードディスク自体が壊れてしまったような場合であれば,通常,どのようなデータが入っていたかを証明するのは大変難しいものです。
 しかも,データーの「価値」を正面から認めるのもなかなか困難で,「労力」に目を向けなければならざるを得ない場合が少なくないでしょう。
 一方で,使用者がデータのバックアップをとることも常識であるともいえるでしょう。

 相談者の場合も,データー消失によって起きた数々の不利益を補てんするのに十分な賠償金を認めてもらうことは難しいと考えられます。
やはり大事なモノを守るために自分で可能な防衛策をとっておくことも日ごろから心がけておかなければならないでしょう。
 

戻るの目次)  →次へうちのポチに限って・・・


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!

現在,メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので,あしからず。
理由はこちら



法律相談をご希望の方
こちらからどうぞ。


顧問弁護士

に関心のある方はこちらをどうぞ



前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地1
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)