弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク
保証連帯保証根保証


隠 さ れ た 秘 密
保証についての誤解:予想をはるかに超えた金額を負担しなければならない場合がある!! 
当法律事務所での
相談をご希望の方は
こちらからどうぞ
011-261-6234
出典:毎日新聞 平成11年11月29日朝刊
La Femme〜ラ・ファム〜連載
原題:「保証人になる時、注意点は」 
1番下に関連情報があります!!

当法律事務所に
債務整理を依頼したい方
はこちらからどうぞ

  夫が、会社の上司に「決して迷惑を掛けないから、形だけの保証人となってほしい」と頼まれました。上司は、私たちの仲人で、今でもいろいろお世話になっている人です。
 最近、商工ローンに関する報道もあり、保証人となるのは不安です。
 保証人になる場合、どのようなことに注意すればよいのですか。
(主婦、51歳)
 ****************
 保証とは、だれかがお金を借りるようなとき、借り主本人が返済しない場合に代わって返済することを、債権者と約束することを言います。
 その中で、「連帯保証」という言葉を聞いたことがあると思います。
 
個人の債務整理具体的方法
自己破産任意整理・個人再生手続
については
こちらをどうぞ!!
 

 保証人になった人が、債権者から直接に請求を受けた場合、保証人としては、まず本人に請求して欲しいとか、本人には財産があるはずだとか、また、ほかにもう一人保証人がいたとすれば、支払うとしても半分だけだと言いたくなるはずです。
 しかし、連帯保証人になると、このような言い分が法律的に認められなくなります。要するに、連帯保証人というのは、借主本人と同じ立場に立つこと、つまり自分自身で借りることと同じと考えておいて下さい。そして、現実には、保証するという場合は、ほぼ100%がこの連帯保証です。見落としがちですが、署名捺印を求められた書類をよく見ると、必ずと言ってよいほど「連帯」という文字が入っています。保証人になることを頼まれると言うことは、実は連帯保証人になることを頼まれていると言うことです。

 さて、保証を頼まれるときは、「迷惑をかけない」、「形だけ」と言われます。しかし、外見上は裕福だが内情は「火の車」だったりしますし、世の中何が起こるか、分かりません。本人が返済できない場合が少なくないので保証という仕組みができていることを理解しておくべきです。保証契約は、債権者との間の約束事ですから、借りる本人からどのように説明を受けたかは、債権者に対する言い分としては、原則として意味を持ちません
 理屈のうえでは、「迷惑をかけない」という言葉ではなく、本人が本当に返済することができる資力があるかを判断しなければならないことになります。しかし、素人判断では、このことを判断するのはかなり困難です。
 ですから、保証人になる場合は、すべて自分が支払うことがあると覚悟しなければなりません。

 最近、商工ローン問題の報道の中で、「根保証」という言葉がよく出てきます。
 「100万円を借りるので保証人になって欲しい」と頼まれた場合、100万円と利息などを払えば良いと思うのが普通でしょう。
 ところが、例えば、既に200万円を借りていて、その後150万円借りたとすれば、合計450万円を保証しなければならないことになるのです。
 木を見れば100万円ですが、木には必ず根があります。根があれば木は生長します。根保証は今見える木だけではなく、成長している木全体を保証しているのです。

 このように、保証と言えば、ほとんどすべてが連帯保証であり、またときには、根保証である場合があるということになれば、自分が責任を負うことを覚悟するとしても、自分がどのような責任を負うのかを十分に理解しておかなければなりません。
 弁護士に相談に来る人の大半が、債権者に請求されてしまってからのことです。
 何事も、不安であれば、事前に弁護士等の専門家に相談する、そんな余裕を持った行動が必要だと思います(当事務所で法律相談をご希望の方は,こちらをどうぞ。)。

 なお、「今すぐに保証してくれなければ、倒産してしまう」などと頼まれる場合は、極めて危険な場面です。多くの場合、保証人自身がすべてかぶってしまう、そんな不幸の始まる瞬間といっても過言ではありません。

(註)保証については,後記のとおり,民法の内容が改正されています。
関連読み物
◎ 債務整理の小咄コバナシはこちらを!!
   →「贅沢ゼイタクはフトコロ具合にあわせて計画的に!!
◎ 高金利利息の上限についてはこちらを!!
   →「利息は上限あるはずが・・・・
◎ 名義を使われてしまった場合についてはこちらを!!
   →「前夫の借金払う必要は?
個人の債務整理の方法(自己破産任意整理個人再生手続についてはこちらを!!
   →「個人の債務整理について
当法律事務所での
相談をご希望の方は
こちらからどうぞ
011-261-6234
当法律事務所に
債務整理を依頼したい方
はこちらからどうぞ
  (註)新しい民法 

 「民法の一部を改正する法律」が平成16年11月25日成立して,平成17年4月1日から施行されている。要するに,従来からの民法典が改正されたのですが,新しい民法典では,全面的に現代語化されるとともに,保証契約の適正化という観点から, 保証人が過大な責任を負いがちな保証契約(特に根保証契約)についてその契約内容を適正化するための法整備が行われました。

 具体的には,すべての融資に関する保証契約について,契約書などの書面によってしなければ無効になることとされたほか,融資に関する根保証契約を締結した個人の保証人を保護するため,次のような措置が講じられることになりました。
(1)極度額(限度額)の定めのない根保証契約を無効としています。
(2)根保証をした保証人は,元本確定期日までの間に行われた融資に限って保証債務を負担することになりました。この元本確定期日は,契約で定める場合には契約日から5年以内としなければならず,契約で定めていない場合には契約日から3年後の日となります。
(3)主たる債務者や保証人が,強制執行を受けた場合,破産手続開始の決定を受けた場合,死亡した場合には,根保証をした保証人は,その後に行われた融資については保証債務を負担しないことになりました。

戻るの目次)  →次へ命より大事なもの


このページの情報を知りたがっているお友達に,ここをクリックして教えてあげましょう!!

現在、メールによる相談・依頼の申し込みは
受け付けておりませんので、あしからず。
理由はこちら



法律相談をご希望の方
こちらからどうぞ。


顧問弁護士

に関心のある方はこちらをどうぞ



前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241
  MENU

 企業法務・会社経営会社支配権商取引  民事訴訟などによる紛争処理

 個人の債務整理過払い自己破産・免責手続き任意整理個人再生手続き多重債務への対処
 家事離婚 相続

 交通事故などの人身事故名誉毀損その他の損害賠償

 債権管理・回収   契約・交渉
 不動産(売買・賃貸借)建築  金融・手形・小切手
 企業倒産(会社再建・破産・手形不渡回避)

 土地区画整理等の再開発事業


    人事・労務・労使問題(主として,使用者・経営側)・労組対策
はこちらから  顧問弁護士のご要望はこちらから

【解決事例】実例集 (判例集等に登載され,または,マスコミで報道された案件のみ)