過払い弁護士 前田尚一法律事務所札幌
TOP 事 務 所
概 要
取扱業務 企  業
の法律問題
個  人
の法律問題
法律雑記帳 毎日連載 法律情報 リンク

札幌市の弁護士:前田尚一ホームページが新しくなりました。
新・トップこちらからどうぞ。

項目別は次のこちらからどうぞ↓↓↓
債務を整理す・取り立てを直ちに止めさせる(債務整理全般・受任通知の発送
借金を払いやすいようにする(任意整理
借金をもっと払いやすいようにする(個人再生
借金を払わなくてもよいようにする(自己破産
払い過ぎたお金を取り戻す(過払金返還請求

当法律事務所が担当して
利息の過払いと慰謝料の支払を求め、
消費者金融を提訴

過払い金の返還を求める!!権利のための闘争

 返済していると思い込み,サラ金業者やクレジット会社に払いすぎたことを,「過払い」といい,サラ金業者やクレジット会社から取り返すことを,「過払金返還請求」といいます

 お金の貸し借りの利息の利率の上限は,利息制限法という法律で定められています。

 ところが,サラ金業者やクレジット会社がお金を貸す場合,ほとんどが利息制限法に定められた利息の利率(制限利率)を大幅に超える利率で貸付けを行っているのが通例です。

 そうすると,支払をしても,利息に回される分が多くなるので,制限利率を超える分だけ元金の減る分が少なくなります。
 元金の減り方が少ないということは,支払が完了する時期が,ずっと遅くなってしまうということです。利息制限法どおりの計算であればとっくの昔に完済しているはずなのに,知らないままずっと支払を続けていることも多いのです。

 この払いすぎたことを,「過払い」といい,サラ金業者やクレジット会社から取り返すことを,「過払金返還請求」といいます。

 過払い金がいくら発生しているかは,支払期間が長期間であればあるほど多くなる傾向があると一応はいえますが,それだけで一律に決まる訳ではありません。ただ,サラ金業者やクレジット会社(約定返済)のいうがままに支払って完済していれば,金額の大小はともかく,必ず過払いになっています。
 また,サラ金業者やクレジット会社によると完済していない扱いであっても,既に支払が完了している場合もあり,支払を続ければ続けるほど,どんどん過払いの金額が増加している状態になっている場合もあります。


 
サラ金業者やクレジット会社から過払金の返還を受けることは,支払を続けてきた方の権利です!!


弁護士への依頼を希望される方へ

債務整理は,当法律事務所でも取り扱っています。
011−261−6234
 当法律事務所で,債務整理をの依頼を受けた場合の,
弁護士費用(実費別途)は,札幌弁護士会の法律相談センターの定める金額に準じます。

 当事務所に債務整理を依頼したい方は,
まず,現状と対応策を検討するため,当法律事務所のを申し込んで下さい。
当法律事務所での法律相談についてはこちらをどうぞ。
 なお,多くの弁護士が取扱業務としています。ただし,最近,いわゆる非弁提携弁護士問題も起きておりますので,十分ご注意下さい。

◎ 債務整理全般についてこちらを!!
   →「個人の債務整理について
◎ 債務整理の小咄コバナシはこちらを!!
   →「贅沢ゼイタクはフトコロ具合にあわせて計画的に!!
◎ 高金利利息の上限についてはこちらを!!
   →「利息は上限あるはずが・・・・
◎ 名義を使われてしまった場合についてはこちらを!!
   →「前夫の借金払う必要は?
◎ 保証人についてはこちらを!!
   →「隠された秘密
◎ 札幌高等裁判所の注目裁判例についてはこちらを!!
   

法律相談をご希望の方こちらをご覧下さい。


前田尚一法律事務所
札幌市中央区南1条西11丁目1番地
コンチネンタルビル9階
TEL011-261-6234(代表) FAX011-261-6241